本日はDSでなくGBAソフトの話を。
(ニンテンドーDSでもプレイできるし、「ゲームボーイアドバンス発売20周年」ってことで…)

 参考:安いDSソフトをAmazonで探してたら送料トラップ(高額送料)を見た話


というわけでプレイしたのは「ドクターマリオ&パネルでポン」。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 ドクターマリオ&パネルでポン /GBA 【中古】afb
価格:1078円(税込、送料別) (2021/3/21時点)




ファミコンやゲームボーイ時代にヒットした任天堂のパズルゲーム「ドクターマリオ」とスーファミ時代にヒットした「パネルでポン」の二本がカップリングした作品。

いまやスイッチのオンラインでもプレイ可能な両作品だが、こちらの「ドクターマリオ」はコンピュータ対戦が可能。
(スイッチのオンライン版はファミコン版の移植で、1人プレイか通信対戦のみだった気がする)

これが無駄のない操作と連鎖消し&おじゃまブロック投下をしてきてなかなかに手強く、HARDランクでスピードHI、ウィルス数最大のLV20だと勝つまでかなり苦労させていただいた。
(スピードが高速だとカプセルがすぐくっついてうまく回転できず、ミスが多発。AI側もたまにミスってあっさり勝っちゃうこともあるが)
doctor_mario_gba_vs


ウイルス3匹が空を見上げるオリジナル版をオマージュしたようなエンディングもあったりと、昔やった人でも十分遊べると思う。
doctor_mario_gba_ending


※特定のウィルスを先に消すとクリアという「フラッシュ」モードもある。
 (三色のブロックで「フラッシュ」というと「テトリスフラッシュ」を思い出すが)



なお、「パネルでポン」の方はほぼSFC版を再現してた印象。
(容量の関係でキャラクターのアニメーションはカットしてるのが残念)